CV-GC22とCV-TE22の違いを比較!違いはずばり6つ!象印 VE電気まほうびん 優湯生

CV-GC22とCV-TE22の違いを比較!違いはずばり6つ!象印 VE電気まほうびん 優湯生 キッチン家電
スポンサーリンク

象印 VE電気まほうびん 上位機種 CV-GC22と下位機種 CV-TE22との違いを比較しました。

CV-GC22とCV-TE22との違いを比較したところ、下記6つの違いがありました。

  • お知らせメロディーの有無
  • 電気代
  • 大きさ
  • 重さ
  • 価格

CV-GC22とCV-TE22は両方とも2022年7月発売の象印 VE電気まほうびんの新商品です。

結論から言ってしまうと、2022年8月の時点では200~700円ほど下位機種 CV-TE22の方が安いですが、年間の電気代が1200円も上位機種 CV-GC22の方が安くすむのでCV-GC22がおすすめです。

本文では、 CV-GC22とCV-TE22の違いと機能を詳しくお伝えしています。

購入を検討中の方、気になる点があって迷っている方は、ぜひ参考にして下さい(*^^*)

▼上位機種 CV-GC22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ライトブラウン [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-GC22
created by Rinker
▼下位機種 GC-TE22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ホワイト [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-TE22
created by Rinker

CV-GC22とCV-TE22の違いは6つ

CV-GC22とCV-TE22の違いは下記6つです。

  • お知らせメロディーの有無
  • 電気代
  • 大きさ
  • 重さ
  • 価格

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう!

違い1 お知らせメロディーの有無

  • CV-GC22 お知らせメロディーあり
  • CV-TE22 お知らせメロディー→なし

上位機種のCV-GC22にはお知らせメロディーが付いています。

タイマーセット時や沸騰完了時にメロディーがなってお知らせします。

違い2 電気代

  • CV-GC22の年間消費電力量(kWh/年)→236
  • CV-TE22の年間消費電力量(kWh/年)→283

上位機種のCV-GC22の方が年間の電気代が安いです。

  • CV-GC22(2.2Lサイズ)なら電気代が年間 約6,400円
  • CV-TE22(2.2Lサイズ)なら電気代が年間 約7,600円

年間にすると1200円ほどCV-GC22の方がお得ですね(*^^*)

違い3 色

  • CV-GC22ライトブラウン
  • CV-TE22ホワイト

CV-GC22とCV-TE22は両方とも一色のみです。

両方とも家の内装になじみやすいカラーになっています。

違い4 大きさ

  • CV-GC22(幅×奥行×高さ)→22cm×29.5cm×26cm
  • CV-TE22(幅×奥行×高さ)→21cm×28.5cm×26cm

CV-GC22CV-TE22の高さは同じですが、CV-TE22の方が1cmほど幅と奥行きが短いです。

違い5 重さ

  • CV-GC22の重さ→2.7kg
  • CV-TE22の重さ→2.5kg

CV-GC22の方が200gほど重いです。

缶コーヒー1本分程度の重さの違いですね(*’ω’*)

違い6 価格

2022年8月の段階では2サイトでは200~700円ほどCV-TE22の方が安かったですが、Amazonでは上位機種のCV-GC22の方が安くなっていました。

発売から少し時間が経ったので価格差がなくなってきましたね^^

 楽天AmazonYahoo!ショッピング
上位モデル CV-GC2213,599円13,800円13,580円
下位モデル CV-TE2213,402円14,435円12,842円

私が調べた時点では上記の金額でしたが、価格は日々変化するので、最新の価格は以下のリンクをクリックしてお確かめ下さい。

▼上位機種 CV-GC22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ライトブラウン [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-GC22
created by Rinker
▼下位機種 GC-TE22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ホワイト [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-TE22
created by Rinker

CV-GC22とCV-TE22 おすすめはどっち?

CV-GC22とCV-TE22の機能と仕様を表にしてみました。

 CV-GC22CV-TE22
発売日2022年7月同左
カラーライトブラウンホワイト
重さ()kg2.72.5
幅×奥行×高さ22×29.5×2621×28.5×26
容量2.2L同左
電源コード長さ(m)1.0同左
湯沸かし時の消費電力(w)905同左
年間消費電力量(kWh/年) 236283
1日あたりの消費電力(kWh/年) 0.650.78
5段階保温設定98℃・90℃・80℃・70℃・まほうびん同左
5段階節約タイマー6・7・8・9・10時間同左
ワイドウインドウ&ピタッと赤玉水量計
内容器水量目盛
カルキ飛ばし沸騰
クエン酸洗浄コース
お知らせメロディー
センター給湯ボタン
マイコンカラだき防止(ヒーター自動オフ)
傾斜湯漏れ防止構造
転倒湯漏れ防止構造
自動給湯ロック
広口容器
フッ素加工内容器

表にしてみるとわかりやすいですね(*^^*)

CV-GC22がおすすめな方

  • 電気代を少しでもおさえたい方
  • お知らせメロディー機能を使いたい方
  • 色がブラウン系のほうが好みの方
▼上位機種 CV-GC22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ライトブラウン [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-GC22
created by Rinker
3Lもあります!
CV-GC30-TL 象印 マイコン沸とうVE電気まほうびん 3.0L ライトブラウン ZOJIRUSHI 優湯生(ゆうとうせい) [CVGC30TL]
created by Rinker
4Lもあります!
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ライトブラウン [4.0L/蒸気セーブ機能つき] CV-GC40
created by Rinker

CV-TE22がおすすめな方

  • 初期費用をできるだけ抑えたい方
  • お知らせメロディーが必要ない方
  • 色がホワイトの方が好みの方
  • 少しでも軽く小さいものが良い方
▼下位機種 GC-TE22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ホワイト [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-TE22
created by Rinker
3Lもあります!
CV-TE30-WA 象印 マイコン沸とうVE電気まほうびん 3.0L ホワイト ZOJIRUSHI 優湯生(ゆうとうせい) [CVTE30WA]
created by Rinker

CV-GC22とCV-TE22の共通の機能や特徴

CV-GC22とCV-TE22の共通の機能や特徴をそれぞれ見ていきましょう。

電気で沸かしてまほうびん保温

沸かしたお湯を、まほうびんの特性と組み合わせて使用することで、消費電力量を抑えます。

  • CV-GC22(2.2Lサイズ)なら電気代が年間 約6,400円
  • CV-TE22(2.2Lサイズ)なら電気代が年間 約7,600円

1日約18~21円程度で温かいお湯を365日、維持できる計算ですね(*’ω’*)

905Wでスピード沸騰

大量のお湯がすぐ沸くので時短になります。

朝のコーヒーやスープ、料理の下ごしらえにも便利ですね(*’ω’*)

  • CV-GC22(2.2Lサイズ)なら約19分で沸騰
  • CV-TE22(2.2Lサイズ)なら約20分で沸騰

カップラーメンは400mlくらいで、コーヒーが200~250mlくらいのお湯が必要なので、家族5人であれば、CV-22GCとCV-TE22の2.2Lサイズで良さそうですね(*^^*)

2.2Lあればカップラーメンが5つ作れます(*’ω’*)

ゆっくりカフェドリップ給湯でコーヒーを美味しく

少量をゆっくり注げるので、一杯分のドリップコーヒーを入れるときに便利な機能です。

ゆっくり少量ずつお湯を入れると、じんわりとコーヒーが抽出されるので通常よりも濃い味になりますよ( *´艸`)

沸とうセーブ機能

沸騰させずに、設定した温度まで沸かして保温する機能です。

90℃・80℃・70℃が選べ、沸かし時間、消費電力量、蒸気の発生を抑えられます。

カルキ飛ばしが必要ない場合であれば、便利な機能ですね(*^^*)

大きな文字と分かりやすい操作パネル

操作パネルの文字が大きく、感覚で使えるようなボタン配置と大型の液晶で、お年寄りから子供まで使いやすい設計になっています。

省エネモードで電気代節約

省エネモード設定時に、2時間操作がないときは、自動で保温ヒーターへの通電を切り、消費電力量を少削減します。

約70℃まで湯温が下がると70℃保温を開始します。

【必読!】楽天でCV-GC22とCV-TE22をよりお得に買う方法

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規作成で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています(*^^*)

楽天カードは年会費も無料で、CV-GC22とCV-TE22の商品が実質5000円引きで購入出来ます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニや飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると、今後の楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会に作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます。
>>>楽天カードの作成はこちらから

CV-GC22とCV-TE22の違いを比較!どっちがおすすめ?まとめ

今回ご紹介したのは、CV-GC22とCV-TE22でした。

CV-GC22とCV-TE22の違いを比較を記事にしました。

CV-GC22とCV-TE22は6つも違いがありました。

機能や価格はあまり変わらないのに、電気代だけかなり違ったので、個人的には上位機種のCV-GC22がおすすめです。

良かったら参考にして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

▼上位機種 CV-GC22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ライトブラウン [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-GC22
created by Rinker
▼下位機種 GC-TE22
象印マホービン ZOJIRUSHI VE電気まほうびん 優湯生 ホワイト [2.2L/蒸気セーブ機能つき] CV-TE22
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました