CM-D465BとCM-D457Bの違いを比較!違いはずばり9つ!

CM-D465BとCM-D457Bの違いを比較!違いはズバリ9つ! キッチン家電
スポンサーリンク

ツインバードコーヒーメーカーCM-D465BとCM-D457Bの違いを比較しました。

CM-D465BとCM-D457Bの違いを比較したところ、下記9つの違いがありました。

  1. サイズ・重さ
  2. 最大容量
  3. 保温時間
  4. 蒸らし湯量ダイヤル
  5. ミルの刃数
  6. 付属品
  7. 消費電力
  8. 発売日
  9. 価格

CM-D465Bは最大6カップまでコーヒーをいれることができ、CM-D457Bは最大3カップまでコーヒーをいれることができます。

本文では、ツインバードコーヒーメーカーCM-D465BとCM-D457Bの違いと機能を詳しくお伝えしています。

購入を検討中の方、気になる点があって迷っている方は、ぜひ参考にして下さい(*’ω’*)

CM-D465B 6杯まで淹れられます♪
CM-D457B 3杯まで淹れられます♪
6杯まで抽出可能なCM-D465Bの口コミレビューはこちらの記事にまとめました↓
CM-D465Bの口コミレビュー!お手入れやフィルターサイズを調査!
ツインバードコーヒーメーカーCM-D465Bの口コミレビューとお手入れやフィルターサイズについて紹介。CM-D465Bはコーヒーの香りと深い味わいを感じられて美味しいとの口コミが多くありました。本文ではお手入れ方法やフィルターについても紹介

CM-D465BとCM-D457Bの違いは9つ

CM-D465BとCM-D457Bの違いは下記9つです。

  1. サイズ・重さ
  2. 最大容量
  3. 保温時間
  4. 蒸らし湯量ダイヤル
  5. ミルの刃数
  6. 付属品
  7. 消費電力
  8. 発売日
  9. 価格

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

違い1 サイズ・重さ

  • CM-D465B→約160×335×425mm・約4.5kg
  • CM-D457B→約160×335×360mm・約4.1kg

CM-D465Bの方が高さが65mmほど高く、0.4kgほど重いです。

6カップ用と3カップ用で倍の容量違いますが、サイズも重さもほぼ違いはないですね^^

違い2 最大容量

CM-D465Bの最大容量→900ml( 6カップ)
CM-D457Bの最大容量→450ml( 3カップ )

CM-D465BとCM-D457Bの一番の違いは最大容量です。

CM-D465Bは1~3カップ用のドリッパーと3~6カップ用のドリッパーの二つが付いてきますが、CM-D457Bは1~3カップ用のドリッパーのみです。

2つのドリッパーを重ねて使うことによって少量のコーヒーをいれるときでも、コーヒーの層を綺麗に作ることができます。

綺麗なコーヒーの層を作ることで、美味しいコーヒーができるのですね(*^^*)

違い3 保温時間

  • CM-D465Bの自動保温時間→30分
  • CM-D457Bの自動保温時間→20分

CM-D465Bの方が最大容量が大きいのでCM-D457Bよりも10分ほど、自動保温時間が長いです。

ただ、コーヒーは時間が経つにつれ、香りがとび、味も落ちてきてしまうので一度に飲みきれる量を毎回作るのがおすすめです(>_<)

違い4 蒸らし湯量ダイヤル

  • CM-D465Bの蒸らし湯量ダイヤル→1~6カップ
  • CM-D457Bの蒸らし湯量ダイヤル→1~3カップ

CM-D465BとCM-D457Bには蒸らし湯量ダイヤルが搭載されており、抽出するカップ数に応じてダイヤルを回して蒸らし湯量を調整します。

この際、杯数に応じてお湯の量を自動で変えてくれるのですが、水タンクに入れた水量のカップ数に合わせないと正しい抽出温度にならないので注意が必要です。

水タンクに水を入れるときもしっかり計るのがポイントです(‘ω’)ノ

違い5 ミルの刃数

  • CM-D465Bのミルの刃数→4×5枚
  • CM-D457Bのミルの刃数→4×4枚

CM-D465Bの方が容量が大きい分、刃数も多いです。

たくさんの豆を均一に挽くためには刃が多いほうが良いですね。

違い6 付属品

 CM-D465B(6カップまで)CM-D457B(3カップまで)
付属品計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(サイズ「102」5枚)
ペーパーフィルター(サイズ「103」5枚)
取扱説明書(保証書付)
ガイドブック
かんたんガイド
計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書(保証書付)
ガイドブック

CM-D465Bには2つのドリッパーが付いてくるのでその分、付属品に2通りの大きさのペーパーフィルターが付いてきます。

ペーパーフィルター102が3~5杯用のものです。

ペーパーフィルター103に関しては廃盤の為、情報がありませんでした。

ペーパーフィルターに関しては、サイズがあえば市販のもので良いので、好みに合わせたものを使えばOKです^^

  • CM-D465B→102と市販の「1×2」または2~4人用+市販の「1×4」または4~7人用が使用可能
  • CM-D457B→102と市販の「1×2」または2~4人用が使用可能

個人的におすすめはメリタとカリタです( *´艸`)

両方とも紙の繊維が細かいので初心者でも美味しくいれられるのが特徴です♪

違い7 消費電力

  • CM-D465Bの消費電力→800W
  • CM-D457Bの消費電力→610W

CM-D465Bの方が容量が大きいので190Wほど多く電気を消費します。

違い8 発売日

  • CM-D465Bの発売日→2019年11月
  • CM-D457Bの発売日→2018年10月

CM-D465BとCM-D457Bの発売日は約1年ほど違います。

CM-D465Bは家族で楽しんで、CM-D457Bは極上の1杯を楽しむ感じですね(*’ω’*)

違い9 価格

2022年8月の段階では2,500~5,500円ほど容量が小さいCM-D457Bの方が安いですね。

 楽天AmazonYahoo!ショッピング
CM-D465B
37,723円37,800円35,370円
CM-D457B32,239円 33,689円32,904円

私が調べた時点では上記の金額でしたが、価格は日々変化するので、最新価格は以下のリンクをクリックしてお確かめ下さい。

▼CM-D465B(6杯まで)の価格

楽天市場で最新価格をチェックする

Amazonで最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

CM-D457B(3杯まで)の価格

楽天市場で最新価格をチェックする

Amazonで最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

CM-D465BとCM-D457B おすすめはどっち?

CM-D465BとCM-D457Bの機能と仕様を表にしてみました。

 CM-D465BCM-D457B
発売日2019年11月 2018年10月
ブラック同左
サイズ 幅 × 奥行 × 高さ約160×335×425mm約160×335×360mm
重さ約4.5kg約4.1kg
最大容量900ml( 6カップ)450ml( 3カップ )
付属品計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(サイズ「102」5枚)
ペーパーフィルター(サイズ「103」5枚)
取扱説明書(保証書付)
ガイドブック
かんたんガイド
計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書(保証書付)
ガイドブック
コードの長さ1.4 m同左
電源AC100V 50 - 60 Hz同左
消費電力800W610W

CM-D465Bがおすすめの方

  • 4人以上でコーヒーを楽しみたい
  • 保温時間が長いほうが良い

家の中で4人以上コーヒーを飲む場合はCM-D465Bがおすすめです^^

CM-D465B 6杯まで淹れられます♪

CM-D457Bがおすすめの方

  • 家でコーヒーを飲むのは3人以下
  • 1回に2カップくらい1人で飲む

一人暮らしの方や家にコーヒーを飲む人が少ない方にはCM-D457Bがおすすめです^^

CM-D457B 3杯まで淹れられます♪

CM-D465BとCM-D457Bの特徴と機能

CM-D465BとCM-D457Bの共通の機能や特徴を見ていきましょう。

徹底した温度管理

CM-D465BとCM-D457Bには2種類の抽出温度ダイヤルが搭載されています。

コーヒーの味は抽出温度によって大きく左右されます。

CM-D465BとCM-D457Bにはサーモセンサーが搭載されており温度を徹底管理しています。

83℃で抽出すれば豆本来の味を引き出したバランスの取れた味に、90℃で抽出すれば苦みのあるしっかりとした味に仕上がります。

熱いコーヒーが好きな方や、アイスコーヒーで飲みたい方には90℃抽出がおすすめです(*’ω’*)

豆の挽き具合は粗・中・細の3段階

CM-D465BとCM-D457Bは豆の挽き具合を粗挽き、中挽き、細挽きと、豆の種類や好みによって変えることができます。

通常、粗挽きだと軽めであっさりとした味わいに、細挽きだと濃く苦みが強い味わいになります。

私は濃いめが好きなのでいつも細挽きです( *´艸`)

お手入れ簡単

CM-D465BとCM-D457Bの本体部分は台所中性洗剤を浸して固く絞った布で拭いた後に、乾いた布で仕上げます。

ミル部分は付属のお手入れブラシを使って残った粉を落とします。

ガラスサーバー、サーバーのふた、ドリッパー、計量カップ、水タンクふたは水洗いが可能ですが、食器洗浄機は使えないので注意が必要です。

またメンテナンスモードも搭載されているので、水タンクがカルキで汚れた時にクエン酸と合わせて使用するのが良いです。

排水もボタン一つで出来るのでお手入れも簡単ですね( *´艸`)

CM-D465B 6杯まで淹れられます♪
CM-D457B 3杯まで淹れられます♪

【必読!】楽天でCM-D465BとCM-D457Bをよりお得に買う方法

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規作成で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています(*^^*)

楽天カードは年会費も無料で、CM-D465BとCM-D457Bの商品が実質5000円引きで購入出来ます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニや飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると、今後の楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会に作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます。
>>>楽天カードの作成はこちらから

CM-D465BとCM-D457Bの違いを比較!違いはずばり9つ!まとめ

今回ご紹介したのはツインバードコーヒーメーカーCM-D465BとCM-D457Bした。

ツインバードコーヒーメーカーCM-D465BとCM-D457Bの違いを比較を記事にしました。

CM-D465BとCM-D457Bは9つの違いがありました。

CM-D465BとCM-D457Bは発売から3~4年経っていますが、今もなお、根強い人気があります。

私も全自動コーヒーマシーンでありながら、豆の挽き具合が選べるところに魅力を感じました。

良かったら参考にして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

CM-D465B 6杯まで淹れられます♪
CM-D457B 3杯まで淹れられます♪
6杯まで抽出可能なCM-D465Bの口コミレビューはこちらの記事にまとめました↓
CM-D465Bの口コミレビュー!お手入れやフィルターサイズを調査!
ツインバードコーヒーメーカーCM-D465Bの口コミレビューとお手入れやフィルターサイズについて紹介。CM-D465Bはコーヒーの香りと深い味わいを感じられて美味しいとの口コミが多くありました。本文ではお手入れ方法やフィルターについても紹介
タイトルとURLをコピーしました